税理士とはなにか

一生涯働ける職業に就きたい、そう考えたことはありませんか。中にはそうは思わず、自由に色々な仕事を行っていきたいと思う方はいらっしゃるかもしれませんが、それでもいざとなったときに就ける職業があればうれしいはずです。
また、独立開業をしたいと思ったことはありますか。独立は難しいものの、やはりやりがいがありますし、それこそ一生涯をかけておこなうことも可能です。
あるいは、色々な人と交流したいと思ったことはありますか。もちろんある一定数の人たちと仲を深めることは大切なことですが、それでもいろんな人と出会い、様々な価値観を共有することは、あなたの人生を深め、楽しいものにしてくれるはずです。
さて、以上のことをすべて実現可能にできる職業、それが税理士です。
税理士の行う税務に関する仕事は、日本国内であれば、どこでも求められますので、まずその資格さえ取っておけばこの先食うのに困ることはありませんし、定年というのはありませんから、いつまででもつづけることが可能です。
また、実務経験さえある程度積めば、資格保有者は税理士として認められいつでも開業ができる状態になります。
人との交流に関しては全く困ることはないでしょう。飲食店から職人まで様々な人と仕事を進め、そういったことからキャリアアップもできるようになるでしょう。
さて様々なメリットがある税理士ですが、実際どうやってなるのでしょうか。
今回はそのあたりについて詳しく説明していきたいと思います。

税理士になろう!

まずは税理士についてしっかりと知っておきましょう。私たちは税理士が税に関する何かをやっていることは知っていますが、具体的に何をやっているのかはよくわかっていません。実際になってみると思ったのと違った、という事態になってしまったら嫌ですよね。ですのでまずはそこから理解していきましょう。

公認会計士との違い

こういった職業に興味がある人は、たいてい次の疑問が浮かび上がります。では公認会計士とは何が違うのか、と。確かに、税理士も公認会計士も税金や会計に関係した職業であるため、一見違いはないように思えます。しかし、この両者は全く異なるものです。ですので、しっかりとその違いを確認しておきましょう。

税理士のなり方

税理士のなり方、というよりは税理士の資格の取り方、というほうがより資格かもしれません。取り方を紹介するといっても、三つ程度しかその取り方の種類は存在しないのですが。とりあえず、その三つは十分に理解していただけるように紹介していきたいと思います。