税理士になろう!

税理士とは

税理士の主な仕事は、個人や中小企業に対する税金面でのサポートです。
税理士は企業と顧問契約を結ぶと、税務に関するあれこれを定期的にアドバイスする関係になっていきます。税務顧客の大半が税に関する知識がないため、たいていの顧客はあなたを頼ってきます。そのため、頼られているというやりがいは人一倍ですが、一つ一つの責任は重く、ミスが許されない職業です。ちなみに致命的なミスを起こした場合、一躍時の人となり、ニュースに名前が載ったのち、あらゆる面からの信頼が失墜します。
このようなプレッシャーに強く、細かい作業もいとわない人が税理士をやるとよいのでしょう。また、税について詳しく知っている人は企業で重宝されるので資格を取るだけ、というのもよいでしょう。

税理士の仕事内容

税理士の仕事は、税金面での企業へのサポートですが、その中でも税理士のみが行うことができる、独占業務というのが存在します。独占業務は各資格保持者によってさまざまではありますが、税理士の独占業務は三つあります。
その三つはそれぞれ、だいたい言葉の通りの業務を行うことなので、説明を一つひとつ行なっていくのはやめておこうと思いますが、税務代理に関しては、税務調査の立ち会いなども行えるということを覚えておいたほうがいいでしょう。
三つの独占業務は税理士ならではのものという感じを受けますよね。先ほども言ったおり、独占業務ですので、税理士になっていれば、いつでも、どこでもあなたは貴重な人材になれることでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ