公認会計士との違い

業務上の違い

税理士の主な仕事(独占業務)は、先ほど紹介した通り、実際に税金に関するあれこれを代行することが多いです。代理人として一緒に税の扱い方を考えていくので、クライアントとの距離が近く、個人経営や、中小企業・ベンチャー企業といった職種の方々と多く関わり合いを持つことになります。
対して、公認会計士の独占業務は実際に税務を代理するのではなく、その税務の監査がメインとなってきます。この監査というのは大企業には義務として課せられており、例えば、資本金5億円以上の株式会社は監査を受けなければなりません。受けないと犯罪なってしまいますので、大企業にとって公認会計士は無くてはならない存在です。従って、当然ながら、関わり合いを持つ相手は大企業に限られてきてしまいます。

どちらに相談するべきか?

上で業務を説明したとはいえ、実際に税に関する問題に発生した時、どちらに行けばいいのかは意外とわかりません。ここでは大体の指針を説明していきます。
まずは記帳代行の場合。記帳代行とはその名の通り、帳簿の作成を他社に代行してもらうことを言います。これに関してはどちらに相談しても変わりませんので自分の好きな方にするとよいでしょう。
次に節税の場合。これは税理士の独占業務です。迷わず税のプロフェッショナルである税理士に相談しましょう。
最後に、M&Aの場合。M&Aとは、merger and acquisition(合併と買収)の略ですが、要は組織やビジネスの合併、買収のことですね。こういった、大きな枠組みでの話は公認会計士の専売特許です。公認会計士に相談しましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ